ラインモバイルプラン変更|simカードの種類がポイント

 

 

ラインモバイルプラン変更は非常に簡単なのですが、一つポイントがあります。

 

simカードの種類が同じ場合はアプリ上から簡単にプラン変更することが出来ます。

 

しかしプラン変更するsimカードの種類が異なる場合はもう一回線契約し直す必要があります

 

この記事では、ラインモバイルをプラン変更する方法と格安でプラン変更するコツを解説します。

 

 

simカードの種類とは?

 

 

ラインモバイルで契約できるsimカードの種類は3種類あります。

 

音声通話sim

 

電話番号が保有できるsimカードです。

 

一般的なスマホはこのsimカードです。

 

データsim+sms

 

データsimとは格安sim特有のsimカードで、データ通信専用のsimカードです。

 

なので電話は出来ません。

 

これは+smsと言ってショートメールがオプションで付いているのでショートメールは使えます。

 

データsim

 

こちらもデータsimです。

 

こちらはショートメールオプションはついてませんのでショートメールは出来ません。

 

以上の3種類です。

 

同じ種類のsimカードであればプランの変更はアプリで簡単に出来ます。

 

ラインモバイルでプラン変更する際に、覚えておかなければいけないのは、simカードの種類の変更を伴うプラン変更です。

 

 

smsとはショートメールが使えるプランです。詳しくは>>ラインモバイルにはsmsはつけるべきかどうかを考えてみる

 

 

simカードの種類の変更が必要なプラン変更とは?

 

 

 

 

具体例

 

 

「音声通話sim 3Gプラン」から「データsim+sms 5Gプラン」に変更

 

この場合は音声通話simを解約しなければいけないのですが、音声通話simの使用年数によっては解約金がかかります。

 

1年以上使用していれば解約金はかかりません、1年未満であれば9,800円の解約金がかかります。

 

ここでラインモバイルのプラン変更で一番のポイントを解説します

 

 

「データsim+smsの5Gプラン」を新規契約するのではなく、「音声通話simの3Gプラン」を解約する前に2回線目として契約するのです。

 

 

こうすることによって、データsim+smsの登録事務手数料が3000円⇒500円に割引されるんです。

 

 

解約に関する詳しい記事はこちら>>ラインモバイルの解約方法をズバッと解説

 

 

「データsim+sms 5Gプラン」から「音声通話sim 3Gプラン」に変更

 

具体例2はさっきと逆です。

 

この場合も、「データsim+sms5Gプラン」を解約する前に「音声通話sim3Gプラン」を2回線目として契約すればなんと登録事務手数料が無料になるんです!

 

データsim+sms5Gプランは解約手数料はかかりませんので2回線目を契約し終わったら解約しましょう。

 

 

ラインモバイルプラン変更まとめ

 

 

同じ種類のsimカードへのプラン変更はいつでもラインモバイルのマイページから変更できます。

 

プランが変更されるのは翌月の1日です。

 

違う種類のsimカードのプランに変更したい場合は、「2回線目登録事務手数料無料キャンペーン」を有効利用して登録事務手数料を節約しましょう!

 

解約の順番を間違うと登録事務手数料が3,000円かかりますので十分注意しましょう。