ラインモバイルはライン通話が完全無料

 

 

ラインモバイルライン通話が完全無料になりますので、月額500円払えばとりあえず友人関係なら通話料、メッセージ料が無料になりますので格安で通信が出来ます。

 

 

友人関係にかけるだけならライン通話だけでもなんとかなる

 

 

ライン通話だけなら月額500円で利用できるのがラインモバイルのいいところですが、ライン通話に理解のある方じゃないと通話が出来ないのがライン通話でもあります。

 

正直、電話回線を使った電話はかなり音質がいいし繋がりもいいのでやはり大事な電話は通常の電話回線を使った方がよいでしょう。

 

ライン通話のデメリットはお互いの通信回線が良くないとレスポンスがかなり悪いことがあります。

 

自分の回線速度が速くても相手の回線速度がおそかったら電話のレスポンスは落ちますので時差が生じます。

 

逆に相手の通信速度が速くても自分の回線速度が遅いとレスポンスは遅くなります。

 

なので、電話会社に通話料を払って電話をするほうが品質は絶対に良いです。

 

大事な電話などは、こちらが電話代を払って相手に電話代をかけずに品質の良い通常の電話を使いましょう。

 

ライン通話は正直品質は良いとは言えないです。

 

私は大事な電話でライン通話は使いません。

 

私自身、通話時間は短いほうなので通話料自体そんなにかからないのでそれなら品質の良い通常の音声通話を使います。

 

友人などで長話をする場合などは、ある程度の品質の悪さはご愛敬なので通話料をっ気にすることなく何時間でも使えるのでこれはこれでアリだと思います。

 

会話自体はきちんと成立するのでライン通話は使えると思います。

 

 

ライン通話が出来ない相手には通常の音声通話

 

 

誰にでもライン通話が出来るかというとそうでもありません。

 

ライン通話というのは、ラインを交換している相手である事はもちろんのことなのですが、相手によっては嫌いな人もいますので相手に確認してから通話をするほうがよいでしょう。

 

中の良い相手なら気にせずガンガンかければいいですが、微妙な相手にはメッセージの方が無難でしょう。

 

しかし、電話番号でかける場合は別でラインの着信よりも電話番号からかけたほうが折り返しの確率は上がると思いますし、相手にとっても大事な電話かな?と思ってくれる可能性が高いと思います。

 

ライン通話が出来ない人の代表は、ラインをやってない人、固定電話のお店、会社が主だと思います。

 

 

ライン通話が無料なのになぜ音声通話simが売れるのか?

 

 

やっぱり、通常の電話回線を使った電話の品質が良いということと固定電話に掛ける頻度がかなり高いということだと思います。

 

これからライン通話がレベルアップして固定電話にも無料でかけれるようになったり回線速度が超高速が当たり前の時代がくれば本当に固定電話がなくなる日がくるかもしれませんね。